2015年01月22日

赤ちゃんの乾燥肌対策!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
とりい皮膚科クリニックですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

みなさん、楽しい年末年始を過ごせましたか?
北陸の冬はまだ続きます!
体調管理をしっかりして楽しい休日を過ごしましょう( ゚▽゚)/

私は、三連休に旦那さんのお友達の赤ちゃんに会ってきました黒ハート
うちにも娘二人いますが、赤ちゃんのかわいさはなんとも言えませんねハートたち(複数ハート)

3ヶ月程の男の子の赤ちゃんのママさんは息子くんのオイリー肌に、2ヶ月の女の子のママさんは娘ちゃんの乾燥肌に悩んでいました(´・ω・`)

同じ赤ちゃんでも、月例や家庭環境などで肌トラブルは様々!
そもそも私も自分が子供を生むまで赤ちゃんはなんにもしなくてももちもちぷるぷるのお肌だと思っていました…
ところが、乳児湿疹(赤ちゃんにできる湿疹を総称して乳児湿疹といいます。)は誰しも一度はできるのではないでしょうか…

赤ちゃんは意外と皮脂が多いのをご存知でしょうか。
特に母親のホルモンの影響が大きい生後3〜4ヶ月までの間は皮脂分泌が多い期間になります。
この頃の赤ちゃんは赤ちゃんニキビや脂漏性湿疹ができやすい時期です。
きちんとした洗浄と洗浄後の保湿を心がけましょう(*^▽^*)

また、秋冬生まれの赤ちゃんは大人と同じく乾燥した空気にさらされますので、乾燥肌が気になる子もいると思います。
部屋の中はなるべく50〜60パーセントに保ち、十分な保湿を心がけましょう。
市販ものはローションタイプや、クリームタイプなど様々なものがあり、その子その子に合うものをつかってあげましょう。
市販のものを使っても合わない場合は、いつでもお待ちしております。

初めての育児はわからないことだらけなのは当たり前ですひらめき
些細なことでもご相談お待ちしております。

posted by とりい皮膚科クリニック at 12:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。