2014年05月27日

湿気対策

みなさんこんにちは!
とりい皮膚科クリニックです晴れ

5月もあと少し…いよいよ6月がやってきますね!
6月といえば、梅雨!
北陸はただでさえジメジメしてるのに更に梅雨がやってきますよー雨

梅雨といえば雨の日が多い…イコール湿気が!
湿気はカビやダニの繁殖の原因のひとつとされています。
カビやダニは、喘息やアトピー皮膚炎、鼻炎などのアレルギー症状が出る割合が高いという実験データも出ています。

そこで梅雨でも湿度を抑える対策を調べました!
まずはやはり換気が大事です!
ただでさえ雨が多いこの季節…洗濯物はどうしても部屋干しになりがちですよねふらふら
部屋干しにして換気をしないと湿気が部屋にこもってしまいます。
特に近年、高機密、高断熱住宅が主流ですがそれが原因で湿気がこもりやすいという例もあるようです。
晴れ間をみつけてこまめに換気しましょうわーい(嬉しい顔)
次はこまめに掃除しましょう!
ほこりや、髪の毛や人のアカなどはダニやカビからしたら栄養源になってしまいますあせあせ(飛び散る汗)
なるべくこまめに掃除と換気をすることでカビやダニの発生をふせぎましょう!

けどそれだけでは雨が続いて換気できない時にはどうしようもないですよねたらーっ(汗)
なので昔から言われていますが炭を置いたり、除湿機、エアコンの除湿機能を活用しましょうひらめき
ダニが繁殖しやすいお布団を入れている押し入れ等には市販の除湿剤を置くのも効果的ですね。
料理していない時でもキッチンの換気扇を回すだけで、換気になって除湿効果がありますよひらめき
また、新聞紙は他の紙類に比べて表面が粗いので水分を吸収しやすい特徴があります。
その性質を利用して押し入れの下にひいたりシーズンじゃない靴箱に入れたりするのも効果的かもしれませんねぴかぴか(新しい)


これらをふまえて、梅雨シーズンを乗り越えましょう!
posted by とりい皮膚科クリニック at 14:46| Comment(0) | 日記

2014年05月08日

ハーブで虫除け

こんにちは。
とりい皮膚科クリニックです!

春も終わりに近づき、暑い日もちらほらでてきましたね(><)
そろそろ夏物も用意しなきゃ!
夏と言えば、キャンプ、海水浴、バーベキュー、登山などアウトドアな楽しみが満載です♪
しかし!アウトドアイコール虫!!!
私もアウトドアはしたいけど虫がどうも苦手で…

虫除けには蚊取線香や、市販のスプレータイプのものが一般的ですが近年薬局や雑貨屋さん、ネットショップなどでじわじわ人気を集めているハーブの虫除けが気になりませんか?
ハーブの香りは人間からしたらいい香りなのに本当にそれが虫除けとして効くのか疑問もありますよね(><)
そこでハーブの成分がなぜ虫除け効果があるのか?ちょっと調べてみました。

ハーブの香りを虫が嫌うという点ともうひとつはハーブの成分が昆虫に危険を知らせる物質と化学構造が似ているそうです。

ハーブといっても様々な種類があり、虫といってもいろんな虫がいます。
そこで虫別に苦手なハーブの香りをまとめてみました。

* 蚊 → ゲラニオール、シトロネラール
* ハエ → ミント系、ペニーロイヤル、タイム、アジョワン
* ゴキブリ → ミント系、レモングラス、クローブ
* ノミ → ローリエ、ヨモギ、バジル、コリアンダー、ミント系

ハーブは人間からするといい香りなので、プラス防虫効果があるなら是非ためしてみたいですよね。
私は子どもも小さいので一昨年からハーブの虫除けを愛用していますが効果は通常のものと変わりないか、よく効くように感じます。
こまめに少量ずつ塗ることをオススメします(^^)
posted by とりい皮膚科クリニック at 15:07| Comment(0) | 日記

2014年04月18日

オムツかぶれ

こんにちは!とりい皮膚科クリニックですわーい(嬉しい顔)



桜のの季節もそろそろ終わりを迎え本格的に暖かくなってきましたね。
衣替えは終わりましたか?



今日は赤ちゃんのオムツかぶれについてお話したいと思います。

赤ちゃんのお肌はスペスペできめ細かくとっっっっっっってもうらやましいですが、デリケートなので荒れやすくもあります。
私も実際子どもを産んで赤ちゃんは肌つるつるのイメージなのになんでこんなにすぐ荒れるの!?と思った一人です。あせあせ(飛び散る汗)
とくに皆さん気になるのはオムツかぶれではないでしょうか?

原因はやはり尿や便はお肌にとっては刺激物になるのでこまめに変えてあげないとかぶれはおこってしまします。
近年、長時間吸収のオムツがどんどん開発されてはいますが、お子さんのオムツかぶれが気になる方はできるだけ排泄に気付いたらすぐかえてあげましょうわーい(嬉しい顔)
また、オムツ替えの時に濡れたガーゼでやさしくふきとってあげるとより予防になりますぴかぴか(新しい)

オムツかぶれの原因の二つ目がサイズの合わないオムツです!
サイズアップすると枚数も減りますしコスト的にもギリギリまで小さめをはかせたい!
と思うお母さんも多いかと思いますが、キツめのオムツをはかせているとお腹まわりやふとももが締め付けられてそこからかぶれが起きてしまいますあせあせ(飛び散る汗)
オムツの表記体重にこだわらず、赤ちゃんにオムツの締め付けによるかぶれがでてきたらサイズアップしてあげましょうわーい(嬉しい顔)



以上を試したうえでオムツかぶれが治らなかったり気になる方は遠慮なく受診して下さいねハートたち(複数ハート)
posted by とりい皮膚科クリニック at 16:01| Comment(0) | 日記

2014年04月08日

上手な日焼け止めの選び方

こんにちは!とりい皮膚科クリニックですぴかぴか(新しい)


最近は暖かいと思ったら急に寒くなったり、気温の変化が激しいですねあせあせ(飛び散る汗)
みなさんは体調大丈夫ですか?
うちの子の保育園でも春風邪の子がちらほら…
○○ちゃんと早く遊びたい!とか言っておりますわーい(嬉しい顔)


気温の変化もそうですがこの時期から気になり出すのが紫外線!
紫外線は5月から8月がピークとされているのでゴールデンウィーク前にはそろえたいですよねダッシュ(走り出すさま)
そこで日焼け止めの上手な選び方を教えます!




まず、日焼け止めといってもお肌からすれば異物なのです!
そしてSPF、PA+は強ければ強いほどお肌に負担がかかってしまうということなんですがく〜(落胆した顔)
わたしも以前は強いのつけとけばいいかなと思っていたその一人…
日常は低めのものを、レジャーや散歩など長時間紫外線を浴びる時は強いものをと使い分けることでお肌の負担を減らせますわーい(嬉しい顔)

夏になるとよく目にするのがウォータープルーフの日焼け止め!
これもレジャーにはかかせませんが、ウォータープルーフ=落ちにくいということなのできちんとクレンジングをしないとお肌の負担になります!
日焼け止めぬったけど化粧はしてないからクレンジングはいっか!ではお肌が泣いちゃいますよもうやだ〜(悲しい顔)


以上をふまえて自分にあった日焼け止めを、状況に応じて使い分けることがポイントですひらめき



私も買いにいかなきゃぴかぴか(新しい)
posted by とりい皮膚科クリニック at 15:14| Comment(0) | 日記

2014年04月01日

春の肌トラブル

こんにちは、とりい皮膚科クリニックでするんるん

今日からいよいよ新年度、新学期ですね。
お子さんや自分自身の成長を感じる時期でもありますかわいい
春は出会いの季節!学校にお仕事に趣味に!新しい出会いも待ってます!

が、しかし!
春は肌荒れしやすい季節でもあるんですあせあせ(飛び散る汗)
前回のブログでも書いた花粉のせいもある場合もありますが、春は新陳代謝が活発になり、 ホルモンの分泌も盛んになります。
寒い冬から暖かい春へと季節が変わっていく中で 体そのものが外部環境の変化に対応しようとするため皮脂や汗の分泌も増えていくのです。
敏感になった肌にさらに強くなってくる紫外線の影響もあり春はお肌のトラブルが多い季節になるのですがく〜(落胆した顔)

そこで重要なのは、日々のクレンジングと洗顔ですひらめき
クレンジングと洗顔は化粧を落とすだけではありません!
空気中のチリやホコリ、黄砂や最近ではPM2.5などお肌にとって刺激物質は生活のすぐそばにひそんでいます!
かといって洗いすぎは禁物ですが、毎日一日の疲れや汚れをやさしく洗い落としてあげることが肌荒れ予防につながりますよ黒ハート
posted by とりい皮膚科クリニック at 15:53| Comment(0) | 日記